法人のお客様へ

株式会社Bee.Company

045-568-0843

〒226-0025 神奈川県横浜市緑区十日市場町851-13 YYKビル204号

【営業時間】9:00〜18:00

lv

法人のお客様へ

法人のお客様への害虫駆除施工

飲食店・ホテル

セントラルキッチン

神奈川や東京23区エリアでの害虫駆除を承っている「株式会社Bee.Company」では、レストランをはじめとした飲食店やホテルなど、たくさんのお客様がご利用になられる施設での害虫・害獣の駆除の施工を、対応いたしております。
飲食店やホテルにとって何よりも大切にしなければならないのは清潔感です。
万が一、ゴキブリやネズミといった害虫・害獣が紛れ込んでしまっては、多大な悪影響を及ぼしてしまいますので、絶対に避けなければならないことです。
当社に駆除をおまかせいただけましたら、害虫・害獣の生態に豊富な知識を持つスタッフが現場を調査し、侵入経路や発生源となっているところを突き止め、徹底的に駆除を行いますので、ご安心いただけます。

食品工場・セントラルキッチン

食品工場や各企業のセントラルキッチンの害虫・害獣駆除につきましても、「株式会社Bee.Company」にご依頼ください。
毎日かなり多くの人数分の食事を用意することになる食品工場やセントラルキッチンでは清潔が何よりも大事です。
もし提供した食品に何らかの不具合があれば、たちまち工場の安全・衛生管理のずさんさを問われてしまうことになり、さらに問題が深刻化すると、企業の経営自体にも悪影響を与えることになりかねません。
こういった施設における害虫・害獣駆除は、「ビル管理法に基づいた、生息調査を重視した生息管理」「異物混入対策」「薬剤安全性(薬剤被爆リスク減)」の3つがキーワードとなります。
当社ならそのキーワードに沿った施工が可能ですので、ぜひご相談ください。

セントラルキッチン

病院・高齢者施設

病院の診察室

病院や高齢者施設というものは、身体に何らかの不調を抱えていらっしゃる方が多く集まる場所になります。
そういった方々は老化や病気によって体内の免疫力が下がってしまっているため、ちょっとしたきっかけで健康を崩されてしまう可能性があります。
そのため病院や高齢者施設は衛生面においてはかなり気を配らなければなりません。
害虫や害獣の侵入などはもってのほかです。
もしそれを許してしまうと、施設内の衛生面に深刻な影響を与えるだけでなく、伝染病の原因となってしまう可能性もあります。
ぜひ「株式会社Bee.Company」に駆除をご依頼ください。
プロのスタッフの施工によって害虫・害獣を徹底的に駆除して被害を解決し、再侵入を予防するための対策を打たせていただきます。

学校・託児所

ご高齢者やご病気をされている方と同じく、小さな子どももまた免疫力は高くありません。
少し不衛生な環境に身を置くだけでも、たちまち体調を崩してしまうことは少なくありませんので、学校や託児所といった施設の衛生管理はかなり意識を高く持っておく必要があります。
害虫・害獣が学校や託児所に侵入することで、それらの体からフンや毛、ダニなどが撒かれてしまい、それを吸い込んでしまった子どもたちにアレルギーを引き起こさせる原因となってしまいます。
できるだけ早く「株式会社Bee.Company」へ害虫・害獣駆除のご依頼をお願いいたします。
害虫や害獣を根本から排除することが、子どもたちの健康を守ることに繋がります。

学校の教室

株式会社Bee.Companyの取り組み

ビル管理法に基づいた、生息調査を重視した生息管理

施工における実際のターゲット(害虫獣)は何なのか?薬剤選定や使用量は?
やみくもに薬剤を撒くのではなく、必要な場所に必要な量「だけ」を撒くためのデータを調べます。

これら、生息調査に基づいた防除手法は「IPM管理」といい、3000㎡以上の特定建築物はもちろん、基準以下の施設も、順ずる手法を用いることが望ましいと定められてます。

エアコンのチェックをする

異物混入対策

虫眼鏡で拡大する

数年前に問題になった食品への異物混入騒動は未だに記憶に残っています。
発生リスクの事前チェック、そして、生息調査・定期管理によって異物混入が起きない環境づくりのお手伝いをします。

薬剤安全性(薬剤被爆リスク減)

薬剤をばら撒く旧来の施工方法では人体への悪影響が懸念されます。
実際、神奈川県と北海道では薬剤事故も発生しており、より細心の注意が必要です。
薬剤のTPOを重要視し、薬剤・手法選定→施工します。

水やり

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ

〒226-0025 神奈川県横浜市緑区十日市場町851-13 YYKビル204号
【営業時間】9:00~18:00

TOP